インタビュー : REDSHEER

cropped

Read in English

日本のハードコアバンドにとって今まで、これ程まで良い状況があっただろうか。
今まさにハードコアシーンは燃え盛っている。

東京で、大阪で、名古屋で、あらゆる場所でとんでもなくハイレベルな新しい波が誕生している。
彼らはインターネット世代であり、あらゆるものからの影響を躊躇なく取り込んでは、まるで一回一回のライブが人生最後のショウであるかのような勢いでプレイしている。

また、それに呼応するかのようにベテラン勢も活気付いている。

そんな中、今回焦点を当てるのは埼玉出身の新世代ハードコアバンド・REDSHEERだ。

彼らのデビューLPを”Hardcore of the Year”と賞賛する声も少なくないが、その研ぎ澄まされた純粋な怒号を聴けば、そこに異論の余地がないことはすぐにわかるはずだ。

時々レコードには奇跡が宿り、ミュージシャン自身が意図したよりもずっとパワフルに響くことがあるが、このLPにもまさにそれが起きている。

静寂のパートにまで激しい怒りが籠められており、最初から最後まで緊迫したテンションが貫かれているのを感じられるはずだ。

「Liveを観ても音源を聴いても、その圧倒的なエモーショナルさに引き込まれてゆく」
Suguru ( SeeK )

「美狂気の構築連鎖」
Shige ( STUBBORN FATHER )

「REDSHEER is an awesome hardcore group with an extremely heavy and aggressive sound, empathy sorrow and strong will. 」
Ryo ( wombscape )

こういった賛辞を読んでもまだREDSHEERをチェックしないとしたら、ちょっとアタマおかしいと思うよ。

BNU: 始めてメンバーと共にスタジオに入った時、何か特別なものを感じましたか?また、すぐに作曲を始められたのでしょうか。それとも、ジャムセッションを開始するより前から、何らかの方向性のアイデアを持っていたのでしょうか?

Satoru Yamaguchi [Gt.] (以下S): この3人なら、新しい激音を産み出せるという手応えがありました。特にドラムのKATARAOとは一緒に音を出すのが初めてだったのですが、独特のグルーヴを持っていてとても可能性を感じました。あとはとにかく音が大きい!

作曲に関しては既に2曲、原型が出来ていたのでそれを完成させる事からスタートしました。そういう意味では、この2曲とそれに対するメンバー全員の捉え方がREDSHEERのスタート時点での方向性だったのかもしれません。

KATARAO [Dr.] (以下K):言い表せない強い緊張感がありました。バチバチした何かを感じていて今もそれは継続してます。

BNU: REDSHEER結成以前は、メンバーはそれぞれ別のバンドに入っていたのでしょうか。また、どうやって出会いましたか?

Ryuji Onozato [Bass/vox] (以下R):以前に、俺とギターのヤマグチはAtomic FireballとSCALENEと言うHCバンドで、ドラムのカタラオはヘヴィロックバンド、Bucket-Tで活動してました。

閉店してしまった東京・高円寺にあったライブハウス、20000Vでお互いのバンドが頻繁に対バンしていたのです。その繋がりからのキッカケでREDSHEERの結成に到りました。

BNU: メンバーで共通して好きなバンドはありますか?また、あなた方のサウンドに影響を与えた特定のバンドがいれば教えてください。

S:個人的に、特に影響を受けているのはKing CrimsonとKing Diamond、Death、そして演歌に代表される1970年代の日本の歌謡曲ですね。あとは映画音楽や映画そのもの。特にマーティン・スコセッシの「タクシードライバー」からはBGMだけではなく物語の展開からも衝撃を受け、それが曲作りの時のイメージになっている曲もあります。どんどん狂っていき最後にはとても暴力的に成る様な。

K:好きな音楽やバンドの方向性はメンバー同士似ているとは思いますが、特定のバンドで3人揃ってコレというのはありません。

R:共通して好きなバンド…探すのが難しいです…NEUROSIS?UNSANE?TODAY IS THE DAY??ムムム…

cover

BNU:デビュー作をレコーディングされた時、あなたはライブで出している音をそのまま録音に封じ込めようと考えましたか?それとも、別物として重層的に作り込んでいったのでしょうか。また、次回作では違ったアプローチを試そうと考えられていたりしますか?

S:ライブとレコーディングは別物だと考えています。ただ、音は重ねれば重ねるほど厚みを増しますが、鋭利ではなくなっていきます。デビュー作に関してはギターは基本的には左右に分ける2本のみで、全く同じ事を弾いている箇所が多いです。

でも、今後もそうなるとは限りません。

K:全く別物ですね。曲そのものを伝えられるように丁寧に、かつテイクごとに挑戦しながら録音しました。REDSHEERの曲はそれぞれ違ったテイストを持っているので、今後は曲ごとにアプローチのパターンを変えてみるのも面白そうですね。

R:音楽性の変化を拒むバンドが存在しつつ、変化を恐れずに新たな発想を取り入れるバンドも存在します。REDSHEERはどちらに成って行くのか…後者を選択し前進して行きます。

BNU: 新作に関して、国内で非常にポジティブな反応が続いていると思います。海外での流通は考えておられますか?それともアナログ盤とCDのメールオーダーのみでしょうか。

R:ありがたい事に1stアルバムに対して沢山のポジティブな反応を頂いております。海外での流通はモチロン。少しづつですがコンタクトを取り、進めている現在です。この1stアルバムを海外のレーベルからLPとしてリリースしたい希望も有ります。

世界中の様々な、HCミュージックを愛する人々にREDSHEERの音を届けたいので。

16382105838_852fd0fe30_o

BNU: パンク、ハードコアにのめり込むきっかけになったのは何でしたか?
また、何故それがあなたにとって最も自分を表現できる手段だと感じられたのか教えて頂けませんか?例えば日々の生活において感じるなんらかのフラストレーションや負の感情を音楽によって浄化していたり、等。

S:大きくてうるさい音が無いと生きている実感が持てない、という感じですね。演奏するのもそうですけど、聴く音楽も同じです。ただ、それがパンクなのかハードコアなのかメタルなのかよくわからないまま聴いていたりします。

R:パンクスピリットは持ち合わせていない3人です。ですが、個人的にはティーエイジャーの頃に出会ったCONFUSE、GAUZE、LIP CREAMのサウンドに今でも刺激を受けております。

”極端”に音を形成し表現をする。若い自身には相当な衝撃でした。

”極端”…そして”異端”。ソレらのワードが核に成り、迷って道を外しながらも修正し力と成り、人生を歩んで来た気がします。

マイクに向かって、ベースを構えて何を伝えるか?届かぬ愛。そして自己に脈々と伝わる、決して消えない心に潜む憎悪をブチ撒ける…言わば、”魂の解放”です。

CWYIBUBVAAA0Ey7BNU: 新作における何曲かは非常に不協和で、ブラックメタルのエッセンスをギターとドラムから感じます。みなさんはブラックメタルを好んで聴かれるのでしょうか。そうだとしたら、日本でオススメのブラックメタルバンドを教えて頂けませんか?

S:ギターに関して言えば、EmperorやDarkthroneが好きですが、ブラックメタルに限らず色々なメタルミュージックを好んで聴いています。

K:ドラムは一切ブラックメタルを通過していません。もちろん知ってはいますが。

R:深く詳しくは無いのですが…好んで聴いているのは、BURZUM — Filosofem、XASTHUR — Subliminal Genocideです。心の闇をえぐり取られる瞬間を感じてしまいます。REDSHEERの音に無意識の内にアダプトしているのかもしれません。

日本でオススメのブラックメタルバンド?大阪に存在しているではありませんか!世界に誇るCATAPLEXY。神の領域に存在するバンドです。最高!

BNU: あなた達の音楽は様々なジャンルの音楽をミックスされていますが、ハードコアファン以外の層にも届いていると思われますか?

S:メタルミュージック/HCミュージック/激情/カオティック上記の音に敏感なリスナーには届いているかもしれませんが…そもそも僕たちの音楽に出会っている人がまだ少ないのではないのではないでしょうか?

K:まだまだです。どのように届けるか…演奏する音楽そのものも大事ですが、演奏する場所やエリアも大事です。この先、活動の領域を広げていきたいです。

R:REDSHEERが構築している音のテーマは、”新感覚の激音”です。さらなる未来へのHCミュージックを伝えるべく活動範囲を広げて行く事が今後の課題ですね。

善人未踏のレベルに辿り着いた人間が出す音にはジャンルを問わず説得力が有ります。どんなに優しい音楽を奏でていてもソコに狂気が存在する筈です。辿り着いた領域…見習うべく、REDSHEERのレベルをドンドン上昇させるべく進みたいです。

BNU: アルバムのジャケの鳥には何か意味があるのでしょうか。めちゃくちゃ良い感じですね。

K:ジャケ(裏ジャケ含む)に描かれているのは「鳥」「崖」「太陽」の3つです。僕は初期段階でREDSHEERの音楽に「切り立った崖」を感じていて、まずは崖がベースになっています。1stアルバムをつくる頃には、崖に不穏な太陽が照りつけ、空にはデカイ鳥が悠然と飛ぶ、そんなイメージを持つようになりました。そのイメージをメンバー3人でまとめて、3LA – LongLegsLongArms Recordsのオーナー、アキヒト・ミズタニを通じ、スペインのHCバンド、” Khmer ”のヴォーカリストであるマリオがクールに仕上げてくれました。

BNU: あなたのベースのどっしりしたサウンドの秘密を教えて頂けませんか?
10代の頃、KORNは好きでしたか?また、今回のレコーディングに際して、お気に入りの機材を入手されましたか?

12139578_720628224735007_1217969821_n

R:トリオバンドと言う事を意識しているから…でしょうか?音創りは常に挑戦していますが、ヤマグチのギターとカタラオのドラミング、それぞれの独創的なプレイが合わさった結果からの低音だと思ってますよ。

重低音を意識するよりもロウミッドの尖った音質を表現するとREDSHEERで体現したいベースプレイが生きる気がするんです。音源をどんな再生環境で聴いてもベース音が引き立つと言いますか…

4弦のアクティブベースに無理矢理5弦用の弦を張り・足元はサンズアンプ、キャビネット上にアンペグSVTクラシックの組み合わせが最高だと思ってます。お気に入りですね。

あとは…ガムシャラなピッキングが相乗効果を産んでいるかもしれません。(笑)

因みに…KORNを初めてチェックしたのは20代中頃ですよ。(笑)

BNU: 今まで、音楽的にナシだと感じて取り入れなかったアイデアや方向性はありますか?また日本のハードコアバンド達は常に新しいものを生み出し、そのためにはリスクを厭わない感じていますか?今まであなた自身はバンドの方向性を変えると今まで築いたファン層が去ってしまうのではないか、と気になったことはありますか?

S:REDSHEERの音楽性は、まだまだ一つの方向性で固まるに至っていないと思います。曲を作る毎に新しい方向性を取り入れているので、そのうちごく初期に作った曲だけが好き、という人がいれば去ってしまうかもしれませんが、それは仕方がない事でしょう。

ちなみに、僕が提示して二人に気に入られず墓に入ったアイデアもアルバム収録曲の倍ぐらいあります。が、それがゾンビのように復活する事もあります。

R:自分が思い馳せているホンモノの日本のハードコアバンドは独創的です。常に新しい音楽を生む努力をしている方々が集いバンドを形成し、お互いに凌ぎを削り高め合っていると常々思ってます。刺激的な環境に身を投じてます。

R: だからREDSHEERも中途半端な音楽を提示出来ない…リスクを厭わないと言いますか、挑戦する事を上位にしてモチベーションを高めているバンドが存在しているのです。

音楽に於いて、勝ち・負けはナイです…でも負けられない・負けたくない。(笑)…自分がリスペクトしている日本のホンモノのハードコアバンドを挙げたら朝まで語る事になってしまいますが…いつかお酒を飲み明かしながらお付き合い頂けますよね?(笑)

BNU:リハ後はいつも何をされていますか?お気に入りの飲み屋があったりするのでしょうか。

K:スタジオでの練習が終われば即、家に帰ります。練習が終わると結構なヘトヘト具合に仕上がってますからね。(笑)

BNU: REDSHEERのメンバーの何人かが、DisgunderとCorrupted のメンバーと共にEarth Federationを組んでいるとききました。これはどのようにして始まったのでしょうか。また、もしそのプロジェクトがうまく進めば、REDSHEERに何が起こると思いますか?めちゃくちゃヘヴィだときいたのですが。

R:そうです。俺がベーシストでEARTH FEDERATIONに参加してます。ギタリストがDISGUNDERのシンジ、ヴォーカリストがex CORRUPTEDのHevi、ドラマーがDISGUNDER/OUTBURSTのヒロトです。シンプル&ピュアなグラインドコアバンドです。

音楽性でのヘヴィさ。と言うよりも精神から導かれる重さが存在するバンドだと思ってます。

何故なら、Heviとシンジがモノ凄いエネルギーを演奏時に放出しているからです。二人は俺の憧れの存在です。沢山の刺激を受けて自身の糧にし、REDSHEERでの活動にフィードバックさせています。

BNU: 来年はどんな活動をされる予定でしょうか。教えて頂けますか?

K:これまでの活動に加えて、新しい場所で、新しいお客さんに向けて活動したいです。

R:作品に関しては、春ぐらいにIMPULSE RECORDSから4wayスプリットシングルのリリース、そして夏には1stアルバムをリリースして頂いた、俺たちが全信頼を置いているタカヒト・バンナイが運営するTILL YOUR DEATH RECORDS (http://blog.livedoor.jp/newbleed66/)がプランニングしているV.Aに参加します。

2ndアルバムに向けて新曲も沢山仕込み始めてます。”新感覚の激音”、より深く追求し創り続けて行きます。今後もご注目下さい。よろしくお願い致します。

Redsheer (Jp) / Eternity 【CD】

価格:1,800円
(2015/12/18 07:11時点)
感想(0件)

Listen to more music on SoundCloud. Follow on Twitter for tour details. Visit Redsheer’s website.


Comments are closed.

Back to Top ↑