インタビュー Q & A : CYBERNE

12001000_1035645116480337_5422580906868771172_o

Image: Ellie Photography

Read full interview in English

BNU: あなた方は今、多くのライブを行い、リリースされていない曲をライブで演奏したり、精力的に活動されてるようですね。アキラさんがバンドを離れたことは、あなた方の音楽の方向性を考え直させましたか?そしてあなた方のCyberneへの野望は何ですか。アキラさんがバンドを離れ音楽の方向性が変わったり、モチベーションに変化を感じましたか。

KENJI [Ba.] : 音楽性については、メンバーが抜けたことによって変化はしていません。ただし、リードギターとしてピロピロ弾くギターの役割のメンバーが抜けたのは大変ですね(笑) 野望は、このバンドでお金持ちになることです(笑)

BNU: Cyberneのメンバーは結成以来よく変わっています、しかしCyberneの音楽は常に狂気で、危険でクレイジーです。このエモーションはどこから来るのかお伺いしたいです。あなた方に直接お会いして、ハッピーで気さくな人達に見えましたが、音楽はとても怒りにみち溢れています。実生活のなかで、どんなことにうんざりさせられ,それらはあなた方の音楽に表現されますか。あなた方の音楽は自己表現ですか、それともあなた方自身を映し出していますか。

K: 何も考えずに作曲し、演奏しています。あなたがそう感じるのであればそうかもしれません。うんざりする事は毎日数えきれないほどありますが、すぐに忘れてしまうので、実生活の影響は音楽とは関係ないですね。

CYBERNEの音楽が自己表現なのか、それとも我々自身なのか…という事自体を考えたことがないので、聴き手に全て任せています。こだわりのようなものは全て自分の中にあり、他人に押し付けるものではないという考えを持っています。

BNU: 河端一やAcid Mothers, Boredomsのような、とてもクールで、そしてクレイジーでエクストリームな音楽が大阪からきています。芸術を表現する上で大阪のカルチャーは東京よりもリスクをとるように仕向ける何か違いがあると思いますか。

K: 東京よりも大阪の方が、アホなヤツが多いからです。

BNU: バンド活動をし続けることはとてもハードワークです。音楽を演奏する以外のことに多くの時間を費やさなければなりませんし、挫折があり、お金もかかります。諦めずにバンドを続けるための原動力はなんですか。

ただ、楽しむ!

BNU: 日本のファンのあなた方に対する反応と海外のファンの反応に、あなた方はどのような違いに気がつきましたか。海外の人々はあなた方の音楽について違う評価をしますか。

K: 海外のオーディエンスの方が、ストレートです。良い時も悪い時も、感じたままを表現してくれますね。海外のオーディエンスは、日本人と比べて音楽を楽しむ事に「予備知識」を必要としていないと感じます。

BNU: 音楽ではなく、もっとも影響を与えたもの(映画や本、自然、アートなど)はなんですか。もっともインスピレーションを与えたミュージシャンもしくはバンドは誰ですか。例えばどのようなバンドに、みならいたいですか。

K: 音楽以外のもので影響を受けたものは沢山ありすぎてわかりません。全ての好きなものから当然影響は受けています。

みならいたいミュージシャン、というのは特にいません。インスピレーションを受けたミュージシャンは…90年代のスラッシュメタル、グランジ、オルタナティヴ、60~70年代のプログレッシヴロック等々、バンド名を挙げればキリがありません。

12022461_1035645113147004_4038650240442993150_o

Image: Ellie Photography

BNU: どの位の頻度でリハーサルしていますか。 新しい素材を書く時、あなた方は個々に分かれて作業をし、リハーサルでアイディアを共有しますか、それとも一緒にジャムセッションすることによってアイデアを共有しますか。 口論になることは、よくありますか。

K: 週に一回~二回程度です。作曲は適当にしています(笑)

BNU: もしCyberneを始めた頃にタイムトラベルできるなら、当時のあなた方自身にどのようなアドバイスをしますか。その頃からあなた方は何を学びましたか。

過去の事はどうでもいいです。

BNU: あなた方はオーストラリアのバンドと強い関係を築いています。オーストラリとメルボルンのどういうところが好きですか。そしてどういうところが嫌いですか。オーストラリアのアンダーグラウンドはシーンは日本のアンダーグラウンドシーンと、どう違いますか。

K: Fire WitchDEADSPIDER GOAT CANYON… その他の数多くのバンドと日本、そしてメルボルンで共演しました。 オーストラリアには二回バンドで行きましたが、その間一度も車のクラクションを聴いた事がありません。それぐらいオーストラリア人は寛容な人達で、とても過ごしやすい国だと思います。

日本でライブをする場合「ライブハウス」というものがお金を沢山得る仕組みになっているので、日本でライブをすることにお金がかかります。それ以外は特にアンダーグラウンドシーンに違いはないですね。

BNU: スリープのDopesmokerというアルバムについてのストーリーをしっていますか。レコードレーベルはアルバム制作費として、多額の予算を費やしましたが、彼らはをスタジオ費用ではなくその全てを、新しいアンプやマリファナに 費やしたのです。彼らは”究極の声明”として1曲を作り上げました。レコードレーベルはそれを変えさせようとしました、そしてバンドは解散してしまいます。その後、彼らは天才と認められました。 もしあなた方が同じ状況にいたらどうしましたか。現状では実現することはできないがお金と時間が十分にあれば、実現することができる”理想の構想”はどのようなものですか。

12038778_1035645079813674_3469074691074621899_o

Image: Ellie Photography

K: Sleepというバンドにあまり興味はないです。我々に新しいアンプやマリファナがあったとしても曲ができるとは思いませんね。また、お金と時間があったらできるものでもないと思います。

「理想の構想」というものがわかってしまったら、バンドを辞めることになると思います。

BNU: 新しいアルバムはいつ頃と考えればよいでしょうか。もし何か情報があれば教えてもらえますか。海外の人々が簡単にあなた方の商品を買えるようになるのは、いつ頃でしょうか。またすぐに海外ツアーに行く予定ですか。

K: アルバムの予定はまだありません。予定しているリリースは、今年東京のTILL YOUR DEATH Recordsというレーベルから日本のバンドを集めたコンピレーションに一曲提供予定です。

また、マレーシアのバンドDAIGHILAと7-inchのスプリットをリリースするという事も計画しています。アルバムをリリースする際は、日本以外のレーベルからもリリースできるようにしたいと考えています。 海外ツアーにはすぐにでも行きたいですが、今のところは予定はありません。

Follow on Facebook. LAW is available for download on bandcamp.


Comments are closed.

Back to Top ↑